川口のサッカーへの情熱と25年目のシーズン

「一番大事なのは情熱ですね。やっぱり試合に負けたら悔しいし、出れなかったら悔しい。そういう悔しさがなくなったら、それがやめる時なのかなと思います。」

この言葉が心に響きました。ブッフォンが引退するしないの記事を読んでも思ったけど本当にそういうことで、20年以上もその気持ちを持ち続けるのって本当にすごいことだなと思います。自分の仕事でも、なあなあにするのではなくて、うまくいかなかったら悔しい、うまくできている人を見て嫉妬して、少しでも追いつきたいという気持ちになる。そんな仕事をしていたいと思います。

【コラム】川口能活、42歳になっても衰えない“サッカーへの情熱”…今季も相模原のけん引役に | サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20180218/716919.html

さて、2018シーズンは西ケ谷新監督のもとチームキャプテンに就任。一年目依頼かな。ただし、ポジションは安泰ではなく、相模原もGKの外国人化の波に乗り、韓国人GKのキム・ヒョンソンを獲得しているし、今年も激しいGK争いを勝ち抜くことが期待されます。