高校サッカー選手権で利用されたキーパーグローブ

静岡学園の優勝で幕を閉じた今年の高校選手権。その大会で活躍したGKが使用していたキーパーグローブを特集した貴重な記事があったので興味深く読ませていただきました。

Embed from Getty Images

令和最初の高校サッカー選手権で一番多く使用されたGKグローブは?正GK48人のキーグロを集計したランキング発表 | ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?296958-296958-fl

記事からの引用ですがランキングは下記の通り。
1.ナイキ9人
2.アディダス8人
3.HO(エイチオー)7人
4.プーマ6人
5.ウールシュポルト5人
6.RG(アールジー)3人
7.エレボス3人
8.ガビック2人
9.セルス2人
10.SJS(エスジェイエス)1人
11.ニューバランス1人
12.ロイシュ1人

ナイキ、アディダス 、プーマのトップ3は固いのかなと思っていたら、なんと三位にはプーマを抑えてHOがランクイン。

HO SOCCER はスペインのキーパー用品の専門ブランド!キーパー用品だけでやっていけるもんなのか。日本での展開もここ5年くらいで、ここまで若い子達に使われているというのは正直驚きです。値段も特別安いわけではなあので、学生にも品質で愛されているのでしょう。

Embed from Getty Images

有名どころでいうと、チェルシーのウィリーカバジェロ、今季からリバプールのアドリアンが利用しています。あとはリーガエスパニョーラの選手は利用が多いですね。日本人たと北九州の高橋選手や、福岡の山ノ井選手あたりが契約しているようです。

https://www.hosoccer.jp/c-navi/players.html

RGのグローブについて書かれた部分で「グリップ力の高さをアピールしたワンハンドキャッチ動画がSNSで話題となり」とあります。気になったのでYouTubeで調べて見ました。

これはリアル若島津くんですね。ただ、さすがに試合中にこれをやるのは難しいでしょうし、ほかのメーカーのグローブでも新品だったら同じようなことができそうですが、面白いプロモーションだと思います。他にもいろいろなバージョンが用意されてました。

それから注目はエレボス、ガビックという二つの日本のキーパー専門メーカー。

エレボスは2019年創業のエレボスジャパンが出しているブランド。

福岡の会社なんですね。なので東福岡の松田選手が使っていたのはなんか納得。他にも全国でこのメーカーを使っていた高校生がいるんですね。これからじわじわと利用が広がっていくんでしょうか。

余談ですが、松田選手が一回戦の浦和南戦のセーブはすごかったです。

もう一つの日本メーカーはガビック。比較的新しいブランドでJリーグ水戸ホーリーホック等のユニフォームサプライヤーにもなってます。キーパーグローブを出し始めたのは2018年とのこと。

利用している選手で有名なのは、横浜Fマリノス の朴一圭選手ですねー。2019年の最終節でもガビックのグローブを身に纏い見事に優勝に貢献しました。良い宣伝になったんじゃないでしょうか。

Embed from Getty Images

こういう日本発のグローブメーカーが世界で使われるようになることを願って当サイトでも追いかけていきたいと思います!

それにしても面白い記事だったので、インスパイヤされて今後海外リーグのグローブメーカーランキングなんかも書いてみたいと思います!