スーパーセーブ

Embed from Getty Images

セーブオブザウィークは、鹿島のクォン・スンテ。ワンステップでこの位置のセービングはすごい。このバネはストロングポイントです。

・高丘(鹿島)
・守田(松本)
・林彰洋(東京)
・秋元(湘南)
save of the week
・クォン・スンテ(鹿島)

スーパーセーブ

Embed from Getty Images

シュミット・ダニエルがトップ。コーナーの混乱の中、良いポジショニングで最後までボールを見てセービング。


・西川(浦和)
・クォン・スンテ(川崎)
・守田(松本)
・秋元(平塚)
・高木(大分)
・シュミット・ダニエル(仙台)
save of the week
🌟シュミット・ダニエル(仙台)

グローブ

日本も参戦したコパ・アメリカ2019。いうまでもなく南米最強の国を決める歴史ある大会です。大会もいよいよ大詰めで、ベスト4がでそろっています。王国ブラジル、メッシ率いるアルゼンチン、大会2連覇中チリ、そしてペルー。決勝は日本時間で7/8(月)の5:00キックオフです。

このサイトらしく、ベスト4に残ったGKとそのキーパーグローブに注目していきましょう。

ブラジル アリソン・ベッカー

世界最強の名高いGK。リバプールでの活躍もめざましく、今シーズンは悲願のCLを制覇。今大会でも存在感を見せています。
準々決勝のパラグアイ戦ではPKを止めて勝利に貢献。怪我人が多いブラジルですが、このGKの存在により優勝の筆頭候補かなと思います。

Embed from Getty Images

アリソンが使用するグローブはナイキのべイパーグリップです。

選手:アリソン(Allison)
チーム:ブラジル代表
グローブ:nike VaporGrip(GS3373-100-7)

アルゼンチン フランコ・アルマーニ

2018年のワールドカップで、ユナイテッドで試合に出てなくて、怪我もしていたロメロに代わって出場したカバジェロもイマイチ奮わなかったため、急遽予選リーグ最終戦で代表デビュー!コパアメリカでも、予選リーグのPK戦でPKを止めるなど活躍しています。

Embed from Getty Images

そんなフランコ・アルマーニはreuschのグローブを利用しています。

選手:フランコ・アルマーニ(Franco Armani)
チーム:アルゼンチン代表
グローブ:reusch Fit Control A2 Evolution(3970439_111)

チリ ガブリエル・アリアス

日本とも対戦したチリのGKはアリアス。2018年6月に代表デビューして、今回はコパアメリカに抜擢されて今のところフル出場。大会2連覇の立役者、守護神ブラーボがマンチェスターシティでは出られていないからか、今回は召集されていません。コパのタイトル獲得に貢献し、正GKに定着か?!

Embed from Getty Images

このPK戦で味方のキックを見ているGKという構図、好きな写真です。
さてアリアスが愛用するグローブは、Elite Sportsというおそらく日本では発売されていないメーカーのグローブ。GK専門のブランドのようです。

Home

選手:ガブリエル・アリアス(Gabriel Arias)
チーム:チリ代表
グローブ:Elite Sport Elite REAL(GG-ESU-REAL)

ペルー ペドロ・ガジャセ

予選リーグのブラジル戦では、バックパスをフィルミーノに当ててしまい失点。結果も0-5と散々な結果でしたが、チーム全員が声をかけるなどケアしてくれたようです。そんなガジャセが準々決勝ではPK戦でスアレスのPKを止めて勝利に貢献!一躍ヒーローになっています。

Embed from Getty Images

ガジャセのグローブはアディダスのプレデター。

選手:ペドロ・ガジャセ(Pedro Gallese)
チーム:ペルー代表
グローブ:adidas Predator pro PC(DY2629)

記事

ベガルタ仙台で日本代表GKのシュミット・ダニエルがベルギーのシント=トロイデンVVに移籍することになりました。

Embed from Getty Images

正GKをシーズン途中で放出することになる仙台にとっては痛手。ベガルタといえば、関憲太郎というGKがいるけれども、シュミットの代わりに外国人GKを獲得することにしたようです。
ポーランド1部シロンスク・ブロツアフから同国代表歴のあるGKヤクブ・スウォビクを獲得。早ければ7月19日から試合に出場できるようになるようです。ますます外国人GKが増えるね。
さて、シント=トロイデンとはどういうチームか?ベルギー1部のチームでなんと一時期は日本人が5人も所属しているチームです。日本代表の冨安、鎌田、遠藤。なんでこんなに日本人がいるのかなと思ったら、DMM.comが昨年チームを買収してるんですね。そして、DMMはそのITの技術をいかしてコネクティッドスタジアムなどの事業も広げたいと。こちらも楽しみです。
そしてベルギーリーグは、外国人枠というのがないんですね。なので日本人を始めたくさんの外国人も所属できる。ともあれ、日本人が多いので他のチームよりも移籍の心理的なハードルが低いのではないかと思います。
話がそれましたが、頑張れシュミット!!

<ベガルタ>シュミットのベルギー移籍決定的 元ポーランド代表GK獲得へ | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190627_14031.html

グローブ

健闘のコパ・アメリカでは新世代のGKか代表デビューを果たしました。その名も大迫敬介。19歳。あの川口、楢崎ですらA代表デビューは23歳。それを超えるGKとしては最年少の10代で代表デビューしています。

Embed from Getty Images

大迫の2019年は大忙し!2月にサンフレッチェの正守護神である林卓人が負傷したのを受けてACLでトップチームデビュー!チャンスを掴んでJリーグ開幕スタメンからの、2節からは5試合連続完封の活躍。今シーズンのここまでのチームの好調を支えています。

魅力は大きな体が繰り出すセーブだけでなく、守備範囲も抜群に広く、ディフェンスラインの裏を広範囲にわたってカバーします。そしてパントキックと左手が繰り出す矢のようなスローイング。19歳にして完成度が高く、A代表に抜擢されるのもうなずけます。

そうこうしていると、なんとコパ・アメリカ前のキリンカップでA代表初招集。キリンカップでのデビューはなかったものの、コパ・アメリカ初戦でスタメンに大抜擢。結果こそ0-4とほろ苦いデビューでした。

そんなチリ戦では代表デビュー戦とは思えないような冷静な対応も見せたり器の大きさを感じさせてくれました。

そんな大迫のキーパーグローブはナイキのベイパーグリップ。

選手:大迫敬介(Keisuke Osako)
チーム:日本代表
グローブ:nike VaporGrip(GS3373-100-7)